Archive for the ‘日本海側で発電できる?’ Category

新潟市でも太陽光発電は充分出来ます

世間では、太陽光発電が環境に良いという事で持て囃されてますが、冬場の気候が心配な新潟市での太陽光発電はどうだろう?
こう云う疑問を持つ人が居るでしょう。
この疑問へ答えるため、新潟県のホームページでは次のような事柄が、掲載されてました。
新潟県は冬場に降雪量が非常に多くて、太陽光発電は無理なんじゃないかと思う人も多い事でしょうが、条件的には悪くないんです。
現在までに新潟県で設置されてる、太陽光発電の1年間に発電した年間可能電力量では、全国平均と大差がなくて、積雪地域となってる新潟でも、導入に充分な発電量の結果報告が届けられてます。
実際、冬場は毎日のように曇った日や雪が降る日が多くて、日照量が大して多くないんですが、それを補うように春から夏場は全国で平均とされる日照量があるので、1年間の発電量としては充分な実績がある、という事でした。
以上から判るように、年間平均の日照時間こそ少ないものの、システムを設置するのへは何の支障もないという事です。